ちょびっと笑えるちょびことば、 ちょびひげちょびこのちょびダンス、 そんな感じでお願いします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

負け戦
2006年08月08日 (火) | 編集 |

暑いです。


気温は35℃、


 日本ってこんなに暑かった?


子供の頃って、


 30℃越えること、


 そんなになかった気が・・・


温暖化は確実に進行してますなぁ。


 


あまりに暑いのでかどうだか、


 激暇です。。。


午前中のほんのちょこっと涼しい時間と、


 閉院前の時間に


 患者さんが集中します。


 


そんな毎日、


またしても、  


 無力さを実感する出来事。。。


 


 うみちゃんは、10歳のメスのわんこ。


お尻の穴のすぐ下が、


 ぷっくり腫れている、とのことで来院されました。


 


触ってみると、


 明らかに腫瘍っぽい。


 針を刺して細胞をとり、


  検査をしましたが、


  はっきりとは分からない、との検査結果でした。


 


避妊手術をしていないので、


 生殖器系の腫瘍の可能性もあります。


あとは、切除して、


 直接取り除いたものを組織検査するしかありません。


 


飼主さんは積極的な方で、


 治療をしたい、


 何とかしてやりたい、とおっしゃいました。


 


やや高齢ですが、


 血液検査等に異常なし。


 いざ、手術です。


 


予想としては、


 膣の腫瘍、または過形成ではないかと考え、


 同時に子宮と卵巣も摘出することに。


 膣の過形成の場合、


 卵巣の摘出だけで、


  退縮していくことがあるからです。


 


若いうちに、避妊手術をしておけば、


 このような病気は防ぐことができます。


 獣医師が避妊手術を勧める理由のひとつです。


 


いざ、開腹。


なんだか、様子が・・・ 


  嫌な予感。。。



あああぁぁぁーーーーーー


 


そこにあったのは、


  


 


一部が完全に腫瘍化してしまった


   子宮でした・・・


 


腫瘍化しているのは、


 子宮頚管といわれる部分。


 犬の子宮はY字型をしていて、


  頚管はまっすぐになった先っちょのところです。


  その先が膣になります。 


  頚管はヒトでも腫瘍が多く発生する部分です。


 


子宮を摘出しようにも、


 ちょうど切除するところが腫瘍になっています。


 できる限りとったとして、


  絶対に完全切除は不可能です。


 


そして。。。


  おなかのなかにも小さな転移らしきものが、


   ぽつぽつとみあたります。


 


ダメだ・・・


 取り切れない・・・


 


飼主さんに電話で連絡。


お父さんは、


 「出来るだけとって欲しい。


  その後の抗癌剤の治療もします。」


   


積極的に治療をすることに。


 


肛門直下の塊は、


 やはり膣にできた腫瘤でした。


 子宮が腫瘍化していることを考えると、


  これも腫瘍でしょう。


  5kgくらいしかないうみちゃん、


   外から見えるだけで、


     卵くらいの大きさの塊です。


   大きい・・・


   さらに、膣の奥のほうへ、 


     広がっています。


しかも、尿道口(おしっこの出口)を巻き込んでいるので、


 こちらは切除出来ません・・・


 


なんてこと・・・


 


夕方飼主さんが面会に来られました。


状況を説明します。


 腫瘍は取りきれていないこと。


 明らかに転移が認められること。


 摘出した卵巣、子宮と


  一部切除した膣の腫瘤の組織を検査に出して、


   腫瘍の種類を確定し、


  効果のある抗癌剤を選択、 


  治療を開始すること。


放射線による治療も可能性としてはありますが、


 まだ獣医療の世界では、


 限られた病院でしか出来ません。


 一番近いところで、400km離れたところ。


 通院は物理的に不可能・・・飼主さんの選択です。


最後に、


  予後は非常に悪く、


   治療の効果があったとして、


   半年生存が出来るかどうか判らないこと。


 


完治が目的の治療ではなく、


 生存期間をいかに伸ばすか、


  という治療・・・


 


お母さんは、 


  泣いています・・・


治療のための検査を選択したことが、


 結局はうみちゃんを苦しめただけだったのでは・・・


と、ご自分を責めています。


 


動物にとって、


 何が幸せなのか・・・


どうすることが、


  シアワセなのか・・・


 


治療をすることが、


 本当に動物にとって、


  シアワセなことなのか・・・


 


答えはない、と思います。


 


でも、


一番に動物のことを考えた上で、


 飼主さんがする選択、


  それに間違いはない、


   それが、そのこにとって、


   最善の選択


   と、私は思っています。


 


 


ごめんなさい、


 手術でうみちゃんを


  元気な体にすることは、


   出来ませんでした。


うみちゃん、


 ごめんね。


 


すべての病気を治せると思っているわけではありません。


 病気を治すのは、


  動物であって、


  私たちはその手伝いをするだけです。


でも、


うみちゃんの場合、


 それすら・・・


 


ほとんど可能性がない治療・・・


 飼主さんにとって、


  こんな残酷な選択はありません。


 


うみちゃんが、


 出来る限り快適に生活が出来るよう、


 出来る限り苦痛を味わないですむよう、


  お手伝いをしていきたいと思います。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
NoTitle
ごめんなさい、言葉がでない・・・

でも、うみちゃんはとてもよい飼い主さんに育てられて幸せだと思います。

僕もそうありたい。
2006/08/08(火) 19:22:45 | URL | ためきち #-[ 編集]
ありがとです
>ためきっちゃん
そうだよね、
 ごめんね、暗い話で。。。
でも、いつも、うまくいった話ばっかじゃあ、
 真実味がないよね。
現実的じゃないっていうか。。。

うみちゃんの飼主さんは
 ほんとに熱心で、
 うみちゃんのこと、考えてあげてます。
その力になれないのが、
 悔しい。。。
望みどおりに出来ないのが、
 残念です。
出来ることと出来ないことがあるのは、
 分かってるんだけどね。
2006/08/08(火) 22:37:20 | URL | ちょびこ #-[ 編集]
NoTitle
うみちゃん、飼い主さんや周囲の人たちが懸命になってくれる中にいられることは、きっと幸せなことなんだと思います。

これから過ごすうみちゃんの時間は、きっと幸せな時間になると思います。
2006/08/08(火) 22:45:19 | URL | 永田 #-[ 編集]
ありがとです
>永田さん
温かいコメント、
 ありがとうございます。
すごく励まされます。

ご家族が少しでも幸せにお過ごしになれるよう、
 うみちゃんの苦痛が少しでも少なくてすむよう、
 力を尽くすことが、
 私に出来る全てです。
がんばっていかないとね。
2006/08/08(火) 22:49:49 | URL | ちょびこ #-[ 編集]
NoTitle
ぅぅぅぅ(ノ_・。)

うみちゃん 
1日でも 長く飼い主さんと一緒にいれるといいですね(´;ェ;`)ノ

前飼ってた猫もね 最後には 毎日病院で注射して 長生き出来てるだけの状態で それでもやっぱり 死なせたくなくて 毎日通ってたんだけど…

動物にとったら どーなのかなぁ…
なんて ふと 思ったりします。

ちょび先生 元気だしてねヾ(^-^*)

見てくれてた先生が 言葉たりなくて 不安で仕方なかったから(ノ_・。)
まりりん(飼ってた猫の名前)も ちょび先生みたいな人に 見てもらいたかったな^^
2006/08/09(水) 01:41:31 | URL | miki♪ #9fN258Kw[ 編集]
ありがとです
>miki♪さん
つらいこと 
 思い出させてしまいましたね、 
  ごめんなさい。

今でもmikiさんがまりりんちゃんのこと
 忘れてないこと、
  ちゃんと、まりりんちゃんは知ってると思います。

何がその子にとって一番良いことなのか・・・

私は、飼主さんが
 そのこにとって一番だって思った選択が
  最善だって信じています。
彼らは自分の苦痛はさておき、
 飼主さんと一緒にいることを
  最上のシアワセと感じてます。
無償の愛、ですよね・・・
 尊敬の念さえ感じます。
 ほんとに尊いと思います。
2006/08/09(水) 02:09:41 | URL | ちょびこ #-[ 編集]
おはようございます・・・
ちょびこさん、おはようございます・・・(^^)
つらいお話ですね・・・
でも・・・うみちゃんはある意味、しあわせだと思います。
これだけ多くの人がうみちゃんに真剣に向かい合って
いるのですから・・・。
残された最後の期間、しあわせな時を過ごして頂き
たいですね。
ちょびこさん、いつも本当にお仕事お疲れ様です。
猛暑にちょびこさんが負けない様にお祈りしております。
それでは、失礼致します。m(__)m
2006/08/09(水) 10:11:10 | URL | おーさまです。 #-[ 編集]
あっちゃーーーん
>あっちゃん
あっちゃんにもらったはずのコメントと
 それに対するあたしのレス、
今朝見たら
 なくなってるーーー

なんで?
 マボロシ?

いや、確かに、
 昨日もらったよね。

ごめんね、
 削除したんじゃ
 ないんだよーーーー。
嫌いにならないでねーーー。

今日のウメちゃんのお話、
 楽しみにしてます。
2006/08/09(水) 10:33:09 | URL | ちょびこ #-[ 編集]
NoTitle
ちょびちゃんにコメント見てもらえたならそれで十分だよん♪嫌いになるわけないじゃない。

全っ然気にしてないからね^^

ちょびちゃんも麻雀大会やろうよ~♪もちろん暇だったら、だけどね^^

2006/08/09(水) 10:56:22 | URL | アッシュ #-[ 編集]
ありがとです
>おーさま
おはようございます。

暗い話でごめんなさいです。

動物にとってのシアワセって、
 どうゆうことなのか・・・
  いつも考えるんですけどね。
   ムズカシイです。

私に出来ることはちょびっとですが、
  最善を尽くしたいと思います。


>あっちゃん
あっちゃん、優しい・・・
 惚れちゃうよ・・・

ありがとです。

麻雀、いいねっ。
 今週末くらいだったっけ? 
 自宅にいたら参加できる、
  参加したいな。
 地元に帰ってたら、
  PCないから無理かなあ。
2006/08/09(水) 11:37:55 | URL | ちょびこ #-[ 編集]
NoTitle

すべての病気を治せると思っているわけではありません。
  病気を治すのは、
  動物であって、
  私たちはその手伝いをするだけです。


珍しく(爆)良い言葉だね(^^)
どんな職業にも通じそうな言葉だ。
コンピュータ業界でもこの意味を理解してくれれば
俺らはどんだけ楽か・・・w
2006/08/09(水) 13:26:43 | URL | chang #-[ 編集]
ありがとです
>changさん
珍しくって、
 珍しくってどーゆーこと・・・?

いつも感動的でしょ???
でも、
 褒められた?  
  褒められたんだよね。。。

いかにうまくお手伝いができるかが、
 腕だよね。
下手をうつと、
 かえって邪魔になったり、
  悪化させたりするもん・・・
changさんのお仕事にも
 通ずるところがありますか・・・
どんな仕事でも・・・
  そうかもしんないなあ~

傲慢になってはイカンのだよね。
2006/08/09(水) 16:32:20 | URL | ちょびこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。